A DAY IN THE DIRT / オフロにっし
オフロードバイク、音楽好き「にっしー」のきままな日記です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
ハマる にっしー
電装系、うまくいきませんね~。
レギュレートレクチは届きました。
IMG_4505.jpg


早速実験。
IMG_4509.jpg
(バッテリ単体電圧。12.94V。)


IMG_4511.jpg
(エンジン始動。アイドリング時(ライトOFF)13.49V。OK!)


IMG_4512.jpg
(アクセル開けて約2500回転!?キープ(ライトOFF)。14.44V。OK!)


IMG_4516.jpg
(ライトON。12.19V。NG~!。アクセルワイドオープンでも12.35V・・・充電しましぇーん)

こりゃ単純にジェネのパワーが足りていないような・・・。
ムリだ、アレ以上巻くのはムリ杉・・・。
電圧が足らんのか。電流が足らんのかもわかりましぇーん。(壊)
0.8mmにして100巻きか?1.2mmにして60巻きか?
これは困ったぞ。。。時間もないし、巻き巻きする気力も萎え気味。

最悪エントリ車両をWR-Fに変更してもらうしかない鴨・・・。
嗚呼、ミニの道は険しいでっス。。。
スポンサーサイト
【2006/04/09 23:02】 | TT-R125LWE整備日誌 | トラックバック(0) | コメント(12) |
準備は着々と・・・
垂直立ち上がり状態のTBIマシン製作です・・・。

ジェネレータは、ガスケット新品のカバーに収まり、無事取り付けできました。
さて、問題は出力だが・・・。

ジェネ単体での電圧はアイドリングで16V程度。
約2500回転!?ぐらいで30Vをマーク。
結構回したところで約60Vをマーク!。
なかなかよろしいです。
IMG_4498.jpg



さらに、Reg/Rec出口での電圧は12.87V程度。(ライトOFFで)
この値は、WoodFamilyのHPにもノーマルReg/Recの能力不足で、12Vちょっとしか出力してない!。と書いていたとおりなので気にしてません。(こんな電圧では全く充電せんのとちゃう?)
IMG_4500.jpg

それより気になるのは、35WライトONで12.1V程度まで電圧降下することです。ジェネ単体では電圧出ていることからReg/Recのせいかな・・・。
明日、Reg/Recが入手できるのでコレが解決するか検証します。

そしてマップホルダを取り付け。歪んでますが気にしません。
ハンドル周りはすっきりしているので取り付けは楽でした。
IMG_4501.jpg

       ↓↓↓↓
IMG_4503.jpg


まだやることはてんこ盛りです。。。
【2006/04/08 23:09】 | TT-R125LWE整備日誌 | トラックバック(0) | コメント(0) |
テイク2準備
間違いが無いかの再確認を兼ねて、再度巻きなおしを行いました。
夜なべしました。(ウソ)
今回はキレイ。。。
IMG_4495.jpg

発電能力は、巻き数とマグネットワイヤーの太さがキーポイントです!。
ノーマルが0.8mmのワイヤーで1極あたり80巻きでした。
で、今回は電流値を上げる意味でも、1.0mmのワイヤーで1極80巻きを目指しました。


明日、取り付けテイク2を実行します。
ジェネカバーのガスケット破損のため、取り付けできないことと、
ジェネを固めるセメダインが乾燥しないため、今日はガマンです。

20060408001018.jpg

まだ、発電確認ができていないので何ともいえませんが、
ジェネを巻きなおす場合は、上記写真のようにAグループ・Bグループに分けて巻きます。
順序は
 (Aグループ)    (Bグループ)
/○\○/○\  /○\○/○\
このようにそれぞれ反対に巻きます。

で、Aグループの左端とBグループの右端を結線(結線①とする)。
Aグループ右端とBグループ左端を結線(結線②とする)。
結線①と結線②をそれぞれReg/Rec行きの配線に結線する。

これだけでイケるハズ!?です。
(清水さんには随分アドバイス頂きました。有難うございました!。)

明日も苦労するのだろうか。。。

あと、ノーマルのReg/Recは12V程度しか出力しないようなので、代替品を選定。
(それにしてもバッテリ車なのに、こんなReg/RecでOKなん!?)
手っ取り早く、確実な方法を選ぶ意味でも、ウッドファミリーの林さんにお願いしまして、実績のあるReg/Recを分けて頂く事にしました。

とにかくジェネ問題は今週に解決したいもんです。
【2006/04/08 00:36】 | TT-R125LWE整備日誌 | トラックバック(0) | コメント(1) |
テイク1 失敗
SSERメルマガでTBIダート距離500Kmとか書いてましたね。。。
こりゃ絶対2500Kmぐらい走らせる気とちゃうか?

で、ジェネをとりあえず巻き直してみました。
IMG_4486.jpg

取り付け&テストは明日にしようと思ってましたが、
気になるのでチョットだけ・・・。

とりあえず組み込んで、プラグ用コイルだけ繋いでエンジン始動。
Reg/Rec行きの配線は、いきなりは結線しません。
当然プラグ用コイルはいじってないので、エンジンはかかりました。

で問題のReg/Rec行き電源ですが、まずはジェネから出ている
電圧(ACV)を直に測定。
アイドリングで14~15V。
回転を少し上げて、おそらく2000rpmぐらいでしょうか。
その時点で30Vくらいきてます。
ふむふむ、なかなかいいではないか。
IMG_4487.jpg

(相変わらず汚い仕事だが、とりあえず巻けてるかな・・・)

で、電流(ACA)測定。
僕の持っているテスタは生意気にもクランプ式なので、電流を測定
する場合はクランプで挟むのですが、0.1A・・・。ん!?
上手く測れません。。。ま、とりあえずおいておこう。

そしてReg/Recに接続してReg/Rec出口の電圧(DCV)を測定。
3V・・・。ん!?
うまく電圧が出ていません・・・。
さぁこれから悪魔のトライ&エラーが始まるわけです。。。
おそらく電流が出ていないのが問題か。

明日先生に相談しよう。
【2006/04/07 00:42】 | TT-R125LWE整備日誌 | トラックバック(0) | コメント(0) |
TBI2006始動であります!
駆け込みでエントリしました。TBI2006。
今年だけエントリが4/5まで延びたので、燻っていた頭に火がつきました。

あと1ヶ月を切っている段階でマシンを選定・・・(汗)
 ★XR650R、WR250F、TT-R125LWE
この3台から選ぶことになります。。。(贅沢や~)

僕のメインマシンはWR250Fです。
性能・フィーリング・乗りやすさ、どれをとっても一番のお気に入りです。
いつもコイツに乗っていたいと思うバイクです。
ただしロングディスタンスには向かない部分もあります。
(航続距離、板のようなシート、オイル・タイヤ交換サイクル)
また、一番エントリ数の多いクラスでもあります。

ということで冒険心くすぐるTT-Rに決定しました。
ライバルが少ないカテゴリ5クラスで1位を狙う企みもあります。

しかしコイツの一番の弱点は電装系です。
元々保安部品の付いていないマシンなので、ジェネ・レギュレータは貧弱です。35Wライトを点灯させると電圧は12.5Vに!。
これじゃすぐにバッテリ死亡です・・・。
とにかくジェネ強化を急ぐことに。
IMG_4457.jpg


IMG_4459.jpg

(とりあえず開けてみました。。。)

そこで非常に有効な情報が載っているのがWoodFamillyのHP。
よさりのラリーなどでもおなじみの九州TCのサイトです。
最近までTT-Rの情報は無かったのですが、掲載されていました。
本当に有効な情報です!。
TT-R乗りの方は是非参考に!。
http://homepage2.nifty.com/woodfamily/denso-tuning.html

この情報と、僕の師匠である清水さんにアドバイスを頂き、ジェネ強化を今晩より敢行します!。
ともかく目指せ55/60W同時点灯&バッテリ正常充電!。
IMG_4474.jpg


【2006/04/05 20:39】 | TT-R125LWE整備日誌 | トラックバック(0) | コメント(9) |
| ホーム | 次ページ
プロフィール

にっしー

  • Author:にっしー
  • FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。